遺品整理の伝道師

遺品を引き継げない場合は整理しないといけません。遺品整理、どうすればよいのでしょうか?

おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、それに子どもたち、皆が一緒に一つの家に暮らした時代、「遺品整理」という言葉はまだ馴染みが薄かったと思います。

その時代、遺品は整理するものというよりも、引き継ぐものだったのです。

しかし、核家族化が進んだ現在、様々な理由から、遺品は整理される対象となりました。

重複するものは不要ですし、住宅事情で保管場所も無いケースも多いようです。

(ちなみに私は遺品整理の応援情報というサイトで知りました。)

そんな時は、遺品を引き継ぐのではなく整理しなければいけません。

とりわけ、故人が賃貸物件に住んでいた場合は、無駄な家賃を支払う前に、早めに物件を引き払わなければいけません。

それには当然ながら「遺品整理」が不可欠です。

捨てるもの、保存するもの、売却するもの、遺品整理と一口に言っても、その対応はものによって様々です。

当然ながら、ある程度の経費がかかることを覚悟しなければいけません。

近年は、遺品整理を専門に行っている業者もあるようですから、時間が無いという場合は、そういった業者に相談してみるのも良いでしょう。

Comments are closed.

遺品整理の伝道師 - 遺品を引き継げない場合は整理しないといけません。遺品整理、どうすればよいのでしょうか?.

Powered by WordPress using the theme Blog Curvo (by Sumolari).

Entries (RSS) and Comments (RSS).

Top