遺品整理の伝道師

遺品を引き継げない場合は整理しないといけません。遺品整理、どうすればよいのでしょうか?

遺品整理と不要品処分は似ているようで違います。

場合によっては、どちらも不要な家財道具を処分することですが、遺品整理の場合は、遺品の全てが不要というわけではありません。

確かに遺品の中にも破棄を検討している家具の類もあると思いますが、それ以外にも、故人が着ていた衣類や、使用していた日用品、本やCD、レコードなどの趣味の品、などなど様々な物があるはずです。

それこそ、買って間もないような家電製品もあるかもしれません。

遺品整理とは言え、それら全てを一緒くたに不用品として処分することはできません。

やはり、身内で保管しておくべきものはきちんと保管し、破棄するものは破棄するという、一線を引かなければいけません。

また、破棄するものの中でも、先に書いたような買いたての家電や、趣味の品の数々は、場合によっては買い取りしてもらえる場合もあります。

不要な物は全て処分という風に決めずに、売れるものは売る、という風に考えるのも良いと思います。

月曜日, 30 9月 2013 on 専門業者.

Comments are closed.

遺品整理の伝道師 - 遺品を引き継げない場合は整理しないといけません。遺品整理、どうすればよいのでしょうか?.

Powered by WordPress using the theme Blog Curvo (by Sumolari).

Entries (RSS) and Comments (RSS).

Top