遺品整理の伝道師

遺品を引き継げない場合は整理しないといけません。遺品整理、どうすればよいのでしょうか?

本来、遺品整理は残された親族が行うものですが、場合によっては他の誰かにお願いしないといけない場合もあります。

例えば、故人の家が非常に遠いところにあるとか、あるいは厳密な退去期限が迫っており遺品整理をするのに時間が無いとか、そんな場合は、自分たちでやろうにも物理的に不可能です。

近年、様々な理由から遺品整理を業者に依頼するケースが増えているようです。

遺品整理では、遺品の数々を分別するだけではなく、処分し、場合によっては売買も行い、その上で清掃作業まで行います。

遺品の処分に関しては、各自治体により処理方法が異なりますし、一部の家電はリサイクル法に則った処理をしなければいけません。

またパソコンなどからは個人情報が漏れないように対処をしなければいけませんし、さらに仏壇や神具、金庫、消火器などは特別な処理が必要になります。

ハッキリ言って、これらの処理を素人が適切にスムーズに行うのは至難の技です。

時間的・物理的な拘束があるところでやろうとすれば尚一層困難なはずです。

そう考えると、場合によっては遺品整理を業者に依頼するのも当然の事なのかもしれません。

木曜日, 10 10月 2013 on 専門業者.

Comments are closed.

遺品整理の伝道師 - 遺品を引き継げない場合は整理しないといけません。遺品整理、どうすればよいのでしょうか?.

Powered by WordPress using the theme Blog Curvo (by Sumolari).

Entries (RSS) and Comments (RSS).

Top