遺品整理の伝道師

遺品を引き継げない場合は整理しないといけません。遺品整理、どうすればよいのでしょうか?

遺品整理で先ず第一に行うことは、必要なものと不要なものを分別する作業です。

いきなり故人の遺品全てを整理しようとせず、先ずは必要そうなものに目星をつけて、ピンポイントで整理していくことが大切です。

現金、通帳、証券、印鑑、身分証、リース品や他人から借りているもの、鍵類、遺書、美術品や骨董品、故人が大切にしていたもの、写真、手紙、宗教上残して置かなければいけないもの、、、などなど。

遺品整理をする上で保存しておくべきものは人それぞれだと思いますが、上記の者に関しては必ず保管しておくことをおすすめします。

この分別作業さえ終えてしまえば、あとは残った不用品の処分をするだけです。

自治体のルールに則ってそれぞれ適切に処分するか、あるいは遺品整理の専門業者に依頼してしまっても良いでしょう。

賃貸物件の場合は引き渡しの期限もありますから、スムーズに事を進めるためにも、業者に依頼する方法をオススメします。

木曜日, 31 10月 2013 on 最初に.

Comments are closed.

遺品整理の伝道師 - 遺品を引き継げない場合は整理しないといけません。遺品整理、どうすればよいのでしょうか?.

Powered by WordPress using the theme Blog Curvo (by Sumolari).

Entries (RSS) and Comments (RSS).

Top